コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山蘭渚 なかやま らんしょ

2件 の用語解説(中山蘭渚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山蘭渚 なかやま-らんしょ

1689-1771 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)2年8月8日生まれ。佐渡(新潟県)の人。京都で小川朔庵(さくあん)らにまなび,享保(きょうほう)9年京都で開業。九条家につかえ,延享(えんきょう)3年法眼(ほうげん)となる。官医として天皇,皇族,公家,大名などの治療にあたった。明和8年5月21日死去。83歳。名は玄亨。字(あざな)は永貞,季通。著作に「傷寒論択註」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中山蘭渚

没年:安永8.5.21(1779.7.4)
生年:元禄10(1697)
江戸中期の医者。名は玄亨。字は永貞,季通。佐渡中原(新潟県佐和田町)の人。21歳で上京し,曲直瀬玄耆(6代目道三)の門に入る。5年間学んで帰郷するが,再び京に上り医業を行い,大いに名声を得た。法橋に叙せられ,九条家に仕え,法眼に進む。宝暦10(1760)年江戸に出て将軍に拝謁。同12年に参議,御薬として桃園天皇の治療に当たる。医名が買われて宮中,公卿,諸大名を往診した。<著作>『傷寒論択註』『方珠』『禁裏御医者日記』<参考文献>浅井維寅「御医蘭渚先生墓誌銘」(『事実文編』37巻)

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山蘭渚の関連キーワード小野古風梅渓英通竹川政辰平蕉斎藤九鸞山脇元沖川井立斎児玉良悦手医者原芸庵(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone