権利章典(読み)けんりしょうてん(英語表記)Bill of Rights

翻訳|Bill of Rights

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

権利章典
けんりしょうてん
Bill of Rights

1689年 12月,議会が制定した「臣民権利および自由を宣言し,王位継承を定める法律」。新王ウィリアム3世とその妻メアリー2世即位の条件として承認した権利宣言を議会が立法化したもので,内容的には権利宣言を継承している。前王ジェームズ2世の悪政に対する聖俗貴族,庶民の古来の自由と権利を詳細に確認し,国王に対する議会の優位を確定し,プロテスタントの権利と正統性を定めた。全 13ヵ条。イギリスの最も重要な憲法文書の一つ。一般には,憲法典の基本的人権保障条項をさす場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

権利章典【けんりしょうてん】

名誉革命直後,英国仮議会が起草し,ウィリアム3世とメアリー2世の共同統治の条件として提出した〈権利宣言〉を1689年,法律として制定したもの。〈臣民の権利および自由を宣言し,王位継承を定める法律〉の通称。ジェームズ2世の不法行為を列挙したうえで,国王の法律執行停止・適用免除,課税,平時における常備軍の維持などを議会の承認なしに行うことを違法として,国民の古来の権利と自由を確認した。17世紀の国王と議会の対立抗争に終止符を打ち,名誉革命後の体制を規定した。
→関連項目基本的人権権利請願

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんりしょうてん【権利章典】


[イギリスの権利章典]
 Bill of Rights。成文憲法をもたないイギリスにおいて,〈マグナ・カルタ〉(1215),〈権利請願〉(1628)とならんでイギリスの国制を規定した最も重要な議会制定法。1689年に制定。正式には〈臣民の権利および自由を宣言し,王位継承を定める法律〉という。1688年12月,国王ジェームズ2世が国外に逃亡したあとをうけて,翌年1月召集された仮議会は,王国の状況を説明するための決議を行い,さらにオラニエ公ウィレム(ウィリアム3世)に改革要求を提出することにし,〈古来の自由と権利を擁護し,主張するため〉の宣言を行った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けんりしょうてん【権利章典】

1689年イギリス議会が発布した法。権利宣言を王が承認し、議会が法制化。国民と議会の権利を明確化し、イギリス立憲政治の原点となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けんりしょうてん ケンリシャウテン【権利章典】

(Bill of Rights の訳語)
[一] 一六八九年、イギリス国王ウィリアム三世が発布した「臣民の権利及び自由を宣言し王位継承を定める法律」をいう。権利宣言を成文化したもので、イギリス立憲政治の基礎となった。
[二] アメリカ合衆国憲法の修正第一条から第一〇条までの総称。個人の基本的権利とその法的保護を規定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の権利章典の言及

【イギリス】より

…しかしクロムウェルが〈新型軍〉によってクーデタを起こし,軍事独裁をしいた苦い経験から,議会側は常備軍の動向をたえず警戒し,議会による軍隊の統制に配慮してきた。89年オラニエ公ウィレム(ウィリアム3世)に認めさせた〈権利章典〉では,議会の承認なく平時に国内で常備軍を徴集することが禁止された。また議会は,軍隊に対する1年ごとの支出予算制度を確立し,軍法制度も1年ごとに承認する慣例をつくった。…

【人権宣言】より

…近代国家において人または国民の基本的な権利を宣言・保障する一群の成文規定をいい,多くは憲法典の一部となっている。権利宣言または権利章典ともいう。イギリスのマグナ・カルタ(1215)やのちの権利請願(1628),人身保護法(ヘビアス・コーパス,1679),権利章典(1689)は,封建領主の要求を国王に認めさせ,あるいはイギリス人の伝統的な権利と自由の尊重を要求する文書であり,人間として当然に有する人権を宣言するものではなかった。…

【鉄砲】より

…武器携帯を集会との関連で規制する憲法では,ベルギー共和国憲法第19条,イタリア共和国憲法第17条,ドイツ連邦共和国憲法第8条があり,いずれも武器を持たずに平穏に集会する権利を認めている。他方,アメリカ合衆国は,1791年に確定された合衆国憲法修正個条(別名〈権利章典〉と呼ばれる)の第2条において,〈規律ある民兵は,自由な国家の安全にとって必要であるから,人民が武器を保蔵しまた携帯する権利は,これを侵してはならない〉と成文化して,武器の携帯を合法化した。アメリカ人民武装の法的容認は,今日においてもこの修正第2条に宿っている。…

【名誉革命】より

…これが〈権利宣言Declaration of Rights〉であって,89年2月,オラニエ公とメアリーはこれを承認し,共同統治者(ウィリアム3世ならびにメアリー2世)として王位につき,ここに名誉革命がなった。仮議会は正式の議会となり,先の〈権利宣言〉を〈臣民の権利および自由を宣言し,王位継承を定める法〉,通称〈権利章典〉として制定。ついで寛容法も制定され,国教会を体制教会としながらもプロテスタント非国教徒にも信仰の自由が認められた。…

※「権利章典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

権利章典の関連情報