コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中岳廟 ちゅうがくびょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ちゅうがくびょう【中岳廟】

中国の河南(かなん)省の省都、鄭州(ていしゅう)の嵩山(すうざん)太室山の南部の黄蓋峰にある、秦代に創建された中国でも最も古い道教の寺院。敷地面積は11万m2で、河南省で最大の寺廟建築である。「中華門」と書かれた牌楼(ぱいろう)をくぐと、遙参亭、天中閣、嵩聖門、中岳大殿、御書楼などの建物が続く。現存する建物は清代に再建したものである。また、建築群のみならず、境内は樹齢1000年を優に超えるコノテガシワの大木に囲まれ、森厳な雰囲気に包まれている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone