中島 忠幸(読み)ナカシマ タダユキ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「中島 忠幸」の解説

中島 忠幸
ナカシマ タダユキ


職業
タレント

別名
別名=カンニング中島(カンニングナカシマ)

グループ名
コンビ名=カンニング

生年月日
昭和46年 6月14日

出生地
福岡県

経歴
福岡から上京した21歳の時、偶然小学1年からの同級生・竹山隆範と再会。平成4年竹山とお笑いコンビ・カンニングを結成。東京・中野の総菜店で副店長をしながら活動を続けた。その後、吉本興業からサンミュージックプロジェクトGET所属となり、怒鳴る竹山を絶妙になだめるツッコミ役で人気を得る。15年バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」の「笑わず嫌い王決定戦」のコーナーで注目を集め、「エンタの神様」などに出演。16年左とん平の代表曲「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」をカバーした「カンニングのヘイ・ユウ・ブルース」でCDデビュー。他の出演にテレビ「虎の門」「爆笑オンエアバトル」「偶像卵」「笑いの金メダル」など、DVDに「カンニングの思い出づくり」などがある。人気上昇中の16年末、急性リンパ球白血病のため入院、一時は快方に向かい、病床から単独で活動する竹山にメールでアドバイスを送るなど、復帰に向けて闘病していたが、18年末35歳で急逝した。19年妻の真奈美さんによって著書「家族のたからもの 夫・カンニング中島が遺した最期の日記」が出版された。

没年月日
平成18年 12月20日 (2006年)

伝記
家族のたからもの―夫・カンニング中島が遺した最期の日記芸人バイブル 中島 真奈美 著(発行元 日本テレビ放送網宙出版 ’07’05発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android