中島敏次郎(読み)なかじま としじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島敏次郎 なかじま-としじろう

1925-2011 昭和-平成時代の外務官僚,裁判官。
大正14年9月2日生まれ。昭和23年外務省に入省。条約局長,北米局長,駐シンガポール大使,駐オーストラリア大使などをへて,62年駐中国大使。平成2年最高裁判事。7年の婚外子遺産相続の取り分は嫡出子の半分と定めた民法の規定を「合憲」とした最高裁決定で「違憲」の反対意見を述べた。同年退官し,弁護士登録。9年国際常設仲裁裁判所判事。のち宮内庁参与,世界銀行国際投資紛争解決センター調停員をつとめた。平成23年12月13日死去。86歳。東京出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android