コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺産相続 イサンソウゾク

デジタル大辞泉の解説

いさん‐そうぞく〔ヰサンサウゾク〕【遺産相続】

死後に残された財産を受け継ぐこと。民法旧規定では、家督相続に対して、戸主以外の家族の死亡による財産の相続を意味するものであった。現行民法では遺産相続だけを認めている。→共同相続

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

遺産相続【いさんそうぞく】

一般的には財産の相続をいう。民法旧規定では,特に戸主の地位の相続たる家督相続に対して家族の死亡による財産相続をさした。現行法ではこの意味の相続は廃止された。
→関連項目遺産

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

遺産相続

1990年公開の日本映画。監督:降旗康男、脚本:松田寛夫、美術:内藤昭。出演:佐久間良子、野々村真、宮崎萬純、尾美としのり、清水美砂、小川真由美、宮下順子ほか。第45回毎日映画コンクール美術賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いさんそうぞく【遺産相続】

死者の残した財産を相続すること。旧民法では、戸主の地位の相続である家督相続に対し、戸主以外の家族の遺産の相続をさした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遺産相続
いさんそうぞく

死者の残した財産を受け継ぐこと。1947年(昭和22)の改正前の民法では、相続には、戸主について行われる家督相続と、戸主以外の家族について行われる遺産相続との2種が区別されていた。家督相続が戸主たる身分(およびそれに伴う財産)の相続であったのに対し、遺産相続は純然たる財産相続であった。第二次世界大戦後、民法の改正で家督相続が廃止された結果、遺産相続ということばもなくなり、すべて単に相続ということばでよばれることになった。改正前の遺産相続人は、被相続人の直系卑属、配偶者、直系尊属、被相続家の戸主の4種で、この順序で相続することになっていて、家督相続の場合のような指定・選定の相続人は認められなかった。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

遺産相続の関連キーワードグッドウィン家の遺産相続バトルアンドレ・J.L. シャンソン特別民事裁判所[古代ローマ]ミー・アンド・マイ・ガールジョージナ ラインハートジャンニ・スキッキからくりサーカスマンスフェルトアゴールニンズフランドル戦争ドラゴンの歯怯えた相続人犬神家の一族デジタル遺品イサイオスジョンソン遺言執行者小川眞由美好色一代男中島敏次郎

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遺産相続の関連情報