コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婚外子 こんがいし

知恵蔵の解説

婚外子

婚姻届を出していない男女間に生まれた子。非嫡出子。2004年11月、戸籍法施行規則が改正され、婚外子の戸籍の続柄欄の記載方法が改められた。それまでは嫡出子と区別して「男」「女」と表記されていたが、嫡出子と同じく「長男」「二女」などと記載されることとなった。法務省が方針転換した背景には、「一見して非嫡出子と分かる記載方法はプライバシー権の侵害だ」と指摘した、04年3月2日の東京地裁判決がある。

(吉岡寛 弁護士 / 2007年)

婚外子

法的に婚姻関係にない男女から生まれた子供。法律上は、非嫡出子と呼ばれる。非嫡出ではマイナスイメージがあるため、1980年代以降、婚外子差別反対運動をする人たちの中で使われ始めた。婚外子出産のきっかけは、結婚を拒否し子供だけ欲しくて生んだケース(いわゆるシングルマザー)、男性の妻が離婚に同意しないため仕方なく婚外子として出産するケース、夫婦別姓を保つために結婚届を出さない事実婚で生まれる子供など、様々である。戦前は一夫多妻的慣習が残っていたため婚外子比率も高く、7〜10%に達していたが、戦後急速に低下し、現在は2%程度にすぎない。欧米では70年代以降、同棲が増え、結婚を経ず出産するケースが多くなり、北欧では約半数が婚外子として生まれている。

(山田昌弘 東京学芸大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

こんがい‐し〔コングワイ‐〕【婚外子】

非嫡出子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんがいし【婚外子】

法律上の婚姻関係にない男女の間から生まれた子。 → 非嫡出子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

婚外子
こんがいし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の婚外子の言及

【私生児】より

…適法の婚姻によって結ばれた夫婦以外の関係から生まれた子どもが私生児であり,婚外子,非嫡出子とも呼ばれる。
[ヨーロッパ]
 キリスト教が一般化する以前のヨーロッパでは,結婚制度そのものに不確定の要素が多かったから,当然私生児の定義も流動的であった。…

※「婚外子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

婚外子の関連キーワード婚外子の相続差別規定シングル・マザー婚外子と相続差別婚外子の相続差別民法改正案要綱法の下の平等法定相続分中島敏次郎法定相続人生涯未婚率相続分私生子私生児婚姻届認知非婚相続

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

婚外子の関連情報