コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島文行 なかじま ぶんこう

1件 の用語解説(中島文行の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島文行 なかじま-ぶんこう

1710-1788 江戸時代中期の医師。
宝永7年生まれ。周防(すおう)(山口県)岩国藩医。享保(きょうほう)16年京都にいき林杏安の門にはいる。明和3年法印にすすみ,天明7年光格天皇の侍医となった。天明8年4月20日死去。79歳。名は和恒。字(あざな)は叔氏。通称は静安。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中島文行の関連キーワード新版歌祭文サリエリ朋誠堂喜三二金木さなぶり荒馬踊永字銀永字豆板銀河合曽良碁盤太平記三宝銀周期表

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone