コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島聿徳 なかじま いつのり

1件 の用語解説(中島聿徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島聿徳 なかじま-いつのり

1823-1867* 江戸時代後期の武士。
文政6年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。安政3年私費で長崎にいき,英語やオランダ語,さらに理化学や冶金(やきん)学をまなび,洋書の翻訳もした。ガラス・鉄鋼製造など藩の殖産事業に貢献。慶応2年12月28日死去。44歳。通称は治平。号は諱斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中島聿徳の関連キーワード白河藩荘厳ミサ曲木村嘉平シーボルトロゼロ菅野序遊科学史上田寅吉淡海槐堂義観

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone