コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島聿徳 なかじま いつのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島聿徳 なかじま-いつのり

1823-1867* 江戸時代後期の武士。
文政6年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。安政3年私費で長崎にいき,英語やオランダ語,さらに理化学冶金(やきん)学をまなび,洋書の翻訳もした。ガラス・鉄鋼製造など藩の殖産事業に貢献。慶応2年12月28日死去。44歳。通称は治平。号は諱斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中島聿徳の関連キーワード武士

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android