コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川梅縁 なかがわ ばいえん

1件 の用語解説(中川梅縁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川梅縁 なかがわ-ばいえん

1801-1858 江戸時代後期の画家。
享和元年生まれ。狩野梅栄(かのう-ばいえい),のち信濃(しなの)(長野県)飯田(いいだ)の画工天嶺にまなんだ。駿府浅間神社の再建の際に画方御用を命じられ社殿彫刻図案をえがいた。俳諧(はいかい)をよくした。安政5年死去。58歳。駿河(するが)(静岡県)出身。幼名は文蔵。名は吉算。通称は五郎右衛門。俳号は契雪庵竹明。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中川梅縁の関連キーワード享和安政の大獄辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿鳥文斎栄之

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone