コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川梅縁 なかがわ ばいえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川梅縁 なかがわ-ばいえん

1801-1858 江戸時代後期の画家。
享和元年生まれ。狩野梅栄(かのう-ばいえい),のち信濃(しなの)(長野県)飯田(いいだ)の画工天嶺にまなんだ。駿府浅間神社の再建の際に画方御用を命じられ社殿彫刻図案をえがいた。俳諧(はいかい)をよくした。安政5年死去。58歳。駿河(するが)(静岡県)出身。幼名文蔵。名は吉算。通称は五郎右衛門。俳号は契雪庵竹明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中川梅縁の関連キーワード内藤杏圃

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android