コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中市謙三 なかいち けんぞう

1件 の用語解説(中市謙三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中市謙三 なかいち-けんぞう

1887-1942 大正-昭和時代前期の郷土史家。
明治20年8月15日生まれ。慶応義塾卒業後郷里の青森県野辺地にかえり,銀行勤務ののち女学校教員となる。柳田国男と親交があり,「野辺地文選」など郷土を知る副読本をあらわした。俳句もよくした。昭和17年8月26日死去。56歳。号は絶壁。著作に「野辺地地方方言集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中市謙三の関連キーワード東京芸術大学120周年雑誌新教育西日本新聞アフリカ文学軍艦小事典カッペレッティグラネライト脱ガラス化ガラス作用ゾブテンベルク岩玻璃玄武岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone