コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中市謙三 なかいち けんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中市謙三 なかいち-けんぞう

1887-1942 大正-昭和時代前期の郷土史家。
明治20年8月15日生まれ。慶応義塾卒業後郷里の青森県野辺地にかえり,銀行勤務ののち女学校教員となる。柳田国男親交があり,「野辺地文選」など郷土を知る副読本をあらわした。俳句もよくした。昭和17年8月26日死去。56歳。号は絶壁。著作に「野辺地地方方言集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中市謙三の関連キーワードレジスタンス文学森一生[各個指定]芸能部門ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーン東京芸術大学120周年国民之友雑誌

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android