コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中市謙三 なかいち けんぞう

1件 の用語解説(中市謙三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中市謙三 なかいち-けんぞう

1887-1942 大正-昭和時代前期の郷土史家。
明治20年8月15日生まれ。慶応義塾卒業後郷里の青森県野辺地にかえり,銀行勤務ののち女学校教員となる。柳田国男と親交があり,「野辺地文選」など郷土を知る副読本をあらわした。俳句もよくした。昭和17年8月26日死去。56歳。号は絶壁。著作に「野辺地地方方言集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中市謙三の関連キーワード県忍榎昌大石源治坂井大輔菅忠雄関口蕃樹那須弓雄西健村山群鳳(初代)山田賀一