コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中暖層 ちゅうだんそうmethothermal layer

海の事典の解説

中暖層

太平洋西部亜寒帯域の塩分躍層の下部に見られる水温の極大層をいう。この海域での冬季の激しい海面からの冷却のため、表層混合層の水温が、下層上部の塩分 躍層の水温より下がるために形成される。上層は亜寒帯前線で亜熱帯の水(中央水)と区切られているが、下層の水の特性は亜熱帯域と連続的につながってお り、中暖層の水(中暖水)の起源は、太平洋東部のアラスカ海流域で亜寒帯に入った亜熱帯系の水に求められる。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android