亜寒帯前線(読み)あかんたいぜんせん(英語表記)Subarctic front

海の事典の解説

亜寒帯前線

亜寒帯水の南縁、亜寒帯海流と北太平洋海流の間に形成される前線(あるいは前線帯)で、北太平洋では北緯42度近くを東西に延びている。その位置は塩分の 南北断面で34.0psuの等塩分線が上層数百mをほぼ鉛直に走っている所を指標として決め得る。この緯度は偏西風の風速が最大となる位置であり、表層水 の収束域となるので、亜寒帯収束線とも呼ばれる。北大西洋では湾流とラブラドル海流の間に形成される前線を指す。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android