コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村伝九郎(6代) なかむら でんくろう

1件 の用語解説(中村伝九郎(6代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村伝九郎(6代) なかむら-でんくろう

1859-1923 明治-大正時代の歌舞伎役者。
安政6年7月14日生まれ。明治元年名古屋末広座で初舞台。3代中村翫雀(かんじゃく)の門にはいって中村芝鶴(しかく)と名のる。44年東京歌舞伎座の専属となり,大正8年名跡(みょうせき)を再興し6代伝九郎を襲名。実事を得意とした。大正12年7月20日死去。65歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本名は祖父江由三郎。初名は中村由丸(初代)。俳名は鬼斗,舞鶴。屋号は新駒屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村伝九郎(6代)の関連キーワード鈴木小舟梅屋平吉(3代)尾上栄三郎(7代)佐藤嘲花尚昌住田又兵衛(3代)宝山左衛門(3代)谷野格永屋茂大正時代美術