コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村勘三郎(9代) なかむら かんざぶろう

1件 の用語解説(中村勘三郎(9代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村勘三郎(9代) なかむら-かんざぶろう

1765-1785 江戸時代中期の歌舞伎役者,座元。
明和2年生まれ。2代中村七三郎の子(一説に孫)。明和6年初舞台をふみ,7年3代中村七三郎をつぐ。安永6年8代勘三郎(2代中村伝九郎)の養子となり,養父の死去で7年9代を襲名。8年間中村座座元をつとめた。天明5年7月29日死去。21歳。江戸出身。初名は中村七之助(初代)。俳名は雀童。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村勘三郎(9代)の関連キーワード中野碩翁石川豊信ティチングカント(年譜)三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone