コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレンビル Grenville, George

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレンビル
Grenville, George

[生]1712.10.14.
[没]1770.11.13. ロンドン
イギリスの政治家。オックスフォード大学で学び,弁護士を経て 1741年政界に入った。海軍主計長官をつとめたのち,海相 (1762~63) 。 63年ビュート (伯) の推薦により,彼の跡を継いで首相となった。アメリカ植民地に対する課税政策に積極的姿勢を示し,彼が制定を働きかけた「歳入法」 (64) ,「印紙税法」 (65) はアメリカ植民地の反発を招いた。また,『ノース・ブリトン』紙でビュートとジョージ3世を攻撃した J.ウィルクスを告発し (63) ,「ウィルクス事件」の発端をつくった。 65年の摂政法取扱いの不手ぎわなどで国王の不興を買い,同年辞職した。

グレンビル
Grenville, Sir Richard

[生]1542.6.15.
[没]1591.9.
イギリスの軍人,提督。 W.ローリー従弟。バージニア植民のために派遣された艦隊の指揮やイギリス西岸防備に活躍したが,1591年8月 31日,アゾレス諸島にスペイン艦隊を襲撃した際,乗艦の『レベンジ』号が孤立に追込まれ,15隻のスペイン艦隊と 15時間に及ぶ激戦を交えた末,重傷を負い,捕えられて数日後に死んだ。この激戦の様子とその最期は,A.テニソンの詩"The Revenge"によって有名。

グレンビル
Grenville, William Wyndham, Baron Grenville

[生]1759.10.25.
[没]1834.1.12. バッキンガムシャー,ドロップモア
イギリスの政治家。首相をつとめた G.グレンビルの3男。 1782年下院に入り,翌年従弟ピット (小) 内閣の軍事支払総監。 89年下院議長。 91~1801年外相として革命期の対フランス外交を担当。のちピットから離れ,ピットの死後,06年 J.フォックスと結んで「挙国実力者内閣」を組織。翌年奴隷貿易を廃止したがカトリック教徒解放をめぐって内閣は分裂し,07年辞任。以後ホイッグ党右派の指導者として,政治活動を続けたが 23年引退。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

グレンビル

英国の政治家。アメリカ13州独立の原因をつくった首相。1741年下院に選出され,ピット(大)とは義兄弟の関係にあったため,最初は彼と政治行動をともにしたが,のちビュート内閣で国務相,海相を歴任。
→関連項目ロッキンガム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グレンビル【George Grenville】

1712‐70
イギリスの政治家。1741年以降バッキンガム市選出庶民院議員(‐1770)。大ピットの義兄弟で,はじめ彼と政治行動を共にしたが,のちビュート首相(在任1862‐63)のもとで国務相,ついで海相をつとめ,ビュート辞任後はみずから首相兼蔵相となる(1863‐65)。彼の首相在任中,ウィルクス事件が勃発し(1863),またアメリカ植民地に印紙税を課した(1865)ことは,独立戦争の原因となった。【松浦 高嶺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グレンビルの関連キーワードグレー(Charles Grey 2nd Earl Grey)フォックス(Charles James Fox)バッキンガム(伯・侯・公家)ベッドフォード(伯・公家)チャンドス(男・公家)楯状地(たてじょうち)ウォリック(伯家)シェルバーン(伯)ランズダウン(侯)バッキンガムシャーアメリカ独立革命キャベンディシュリバプール(伯)サフォーク(伯)テンプル(伯)カナダ楯状地反奴隷制協会ピット[大]ジェー条約危険な旅路

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android