コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村勘四郎 なかむら かんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村勘四郎 なかむら-かんしろう

?-? 江戸時代中期の人形浄瑠璃(じょうるり)人形遣い。
中村系の祖で,元禄(げんろく)の豊竹(とよたけ)座創設以来の立役(たちやく)遣いといわれる。女方藤井小八郎,藤井小三郎などとともに舞台に全身をだして人形をあやつる出遣いで人気をえた。享保(きょうほう)(1716-36)の末ごろ座頭(ざがしら)となり,五十余年にわたり舞台をつとめた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android