コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出遣い でづかい

4件 の用語解説(出遣いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出遣い
でづかい

人形浄瑠璃用語。人形遣いが顔や全身を観客に見せて人形を遣うこと。当初,幕や手すりの陰に身体を隠して人形を遣う「陰遣い」を行なっていたが,元禄7 (1694) 年,辰松八郎兵衛が,竹本座の『本海道虎石 (とらがいし) 』で,綟子 (もじ) 手すりを使って,一人遣い人形を遣う姿を見せ,宝永2 (1705) 年,豊竹座『金屋金五郎後日雛形』の道行では,藤井小三郎が綟子手すりを取去った平舞台で全身出遣いを始めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

で‐づかい〔‐づかひ〕【出遣い】

多くの金銭を消費すること。
人形芝居で、人形遣いが裃(かみしも)などの盛装で舞台に出て、顔を隠さずに人形を遣うこと。
操り人形で、幕などの陰に身体を隠して遣う陰遣いに対して、人形遣いが舞台に身体を出して遣うこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

出遣い

普段は黒い頭巾で顔を隠している人形遣いが、見物の前に顔を出して遣うこと。その際は紋付袴で現れる。物語の重要な場面を切場(きりば)といい、ここで出遣いとなる。切場を語るにふさわしい芸の持ち主を切場語りという。対して端場(はば)は各段の発端など重要でない場面。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

でづかい【出遣い】

金銭をむだづかいすること。
操り人形で、人形遣いが舞台に体を出して、見物人に姿を見せて人形を遣うこと。
三人遣い人形で、人形遣いが黒衣くろご姿でなく、袴または裃かみしも姿などの盛装で舞台に出て遣うこと。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出遣いの関連キーワード金井金田金津金屋金山悲歌黄金金位どんと錦糸卵/金糸卵/錦糸玉子/金糸玉子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone