コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出遣い でづかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出遣い
でづかい

人形浄瑠璃用語。人形遣いが顔や全身を観客に見せて人形を遣うこと。当初,幕や手すりの陰に身体を隠して人形を遣う「陰遣い」を行なっていたが,元禄7 (1694) 年,辰松八郎兵衛が,竹本座の『本海道虎石 (とらがいし) 』で,綟子 (もじ) 手すりを使って,一人遣い人形を遣う姿を見せ,宝永2 (1705) 年,豊竹座『金屋金五郎後日雛形』の道行では,藤井小三郎が綟子手すりを取去った平舞台で全身出遣いを始めた。竹本座でも,『用明天皇職人鑑』で辰松八郎兵衛が同形式の出遣いを行なった。享保 19 (34) 年,三人遣いが考案されてからは,遣い方の便宜上,平舞台を廃して手すり舞台による半身出遣いへと移行し,出遣いは,主 (おも) 遣いが特定の場で,黒衣 (くろご) や頭巾を着けず,裃 (かみしも) などを着用し,顔を見せて遣うことをいうようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

で‐づかい〔‐づかひ〕【出遣い】

多くの金銭を消費すること。
人形芝居で、人形遣いが裃(かみしも)などの盛装で舞台に出て、顔を隠さずに人形を遣うこと。
操り人形で、幕などの陰に身体を隠して遣う陰遣いに対して、人形遣いが舞台に身体を出して遣うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

出遣い

普段は黒い頭巾で顔を隠している人形遣いが、見物の前に顔を出して遣うこと。その際は紋付袴で現れる。物語の重要な場面を切場(きりば)といい、ここで出遣いとなる。切場を語るにふさわしい芸の持ち主を切場語りという。対して端場(はば)は各段の発端など重要でない場面。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

でづかい【出遣い】

金銭をむだづかいすること。
操り人形で、人形遣いが舞台に体を出して、見物人に姿を見せて人形を遣うこと。
三人遣い人形で、人形遣いが黒衣くろご姿でなく、袴または裃かみしも姿などの盛装で舞台に出て遣うこと。
[句項目] 出遣いより小遣い

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出遣いの関連キーワード用明天王職人鑑中村勘四郎藤井小八郎人形劇出語り使い

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android