中村清三郎(2代)(読み)なかむら せいざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村清三郎(2代) なかむら-せいざぶろう

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
中村明石清三郎の子。元文2年(1737)江戸河原崎座の「閏月仁景清(うるおいづきににんかげきよ)」の創作にくわわる。また中村座の作品をつくり,森田座,市村座の作品も手がけた。作品は早川伝四郎,藤本斗文との合作がおおい。初名は中村藤吉。俳名は藤橘。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android