コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村明石清三郎 なかむら あかしせいざぶろう

1件 の用語解説(中村明石清三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村明石清三郎 なかむら-あかしせいざぶろう

?-1743 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者・作者。
2代中村勘三郎の子。はじめ若太夫となり中村明石を名のる。元禄(げんろく)10年明石清三郎とあらため作者として活躍,のち創作をやめ江戸中村座の経営にあたった。寛保(かんぽう)3年2月17日死去。江戸出身。作品に「参会名護屋」「兵根元曾我(つわものこんげんそが)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村明石清三郎の関連キーワード小中一貫教育烏亭焉馬尾形乾山亀井南冥大清一統志タスコ鄧石如本多利明マラー愚者列伝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone