コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村貞以 なかむら ていい

2件 の用語解説(中村貞以の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中村貞以

日本画家。大阪生。本名清貞。はじめ長谷川貞信に、のち北野恒富に師事する。幼時に両手に火傷を負い、指の自由を失ったため、絵筆を両手にはさむ合掌執筆により、情緒豊かで優美な美人画から、戦後は現代的風俗を内面性豊かにとらえた人物画を描いた。院展理事。芸術院賞受賞。昭和57年(1982)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村貞以 なかむら-ていい

1900-1982 大正-昭和時代の日本画家。
明治33年7月23日生まれ。北野恒富(つねとみ)に師事し,美人画にすぐれた。幼児のとき手に火傷(やけど)したため,合掌描きを工夫した。昭和7年院展で「朝」が日本美術院賞,11年院同人,41年「シャム猫青衣の女」などで芸術院賞。画塾春泥会を主宰した。昭和57年3月12日死去。81歳。大阪出身。大阪経理学校中退。本名は清貞。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村貞以の関連キーワード麻田弁自森白甫赤木志津子稲垣泰彦上田敏雄鈴木筆子鳥居清忠(5代)中島多茂都藤間勘太女山崎豊(3)

中村貞以の関連情報