コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村貞以 なかむら ていい

2件 の用語解説(中村貞以の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中村貞以

日本画家。大阪生。本名清貞。はじめ長谷川貞信に、のち北野恒富に師事する。幼時に両手に火傷を負い、指の自由を失ったため、絵筆を両手にはさむ合掌執筆により、情緒豊かで優美な美人画から、戦後は現代的風俗を内面性豊かにとらえた人物画を描いた。院展理事。芸術院賞受賞。昭和57年(1982)歿、81才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村貞以 なかむら-ていい

1900-1982 大正-昭和時代の日本画家。
明治33年7月23日生まれ。北野恒富(つねとみ)に師事し,美人画にすぐれた。幼児のとき手に火傷(やけど)したため,合掌描きを工夫した。昭和7年院展で「朝」が日本美術院賞,11年院同人,41年「シャム猫青衣の女」などで芸術院賞。画塾春泥会を主宰した。昭和57年3月12日死去。81歳。大阪出身。大阪経理学校中退。本名は清貞。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村貞以の関連情報