コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村貞以 なかむら ていい

美術人名辞典の解説

中村貞以

日本画家。大阪生。本名清貞。はじめ長谷川貞信に、のち北野恒富に師事する。幼時両手に火傷を負い、指の自由を失ったため、絵筆を両手にはさむ合掌執筆により、情緒豊かで優美な美人画から、戦後は現代的風俗を内面性豊かにとらえた人物画を描いた。院展理事。芸術院賞受賞。昭和57年(1982)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村貞以 なかむら-ていい

1900-1982 大正-昭和時代の日本画家。
明治33年7月23日生まれ。北野恒富(つねとみ)に師事し,美人画にすぐれた。幼児のとき手に火傷(やけど)したため,合掌描きを工夫した。昭和7年院展で「朝」が日本美術院賞,11年院同人,41年「シャム猫と青衣の女」などで芸術院賞。画塾春泥会を主宰した。昭和57年3月12日死去。81歳。大阪出身。大阪経理学校中退。本名は清貞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村貞以の関連キーワード大島 哲以長谷川青澄清水達三昭和時代大島哲以菅井汲

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android