中果皮(読み)チュウカヒ

大辞林 第三版の解説

ちゅうかひ【中果皮】

果皮の中層。モモなど核果の場合は水分に富み、厚い層をなして果肉となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐かひ ‥クヮヒ【中果皮】

〘名〙 果皮を構成する一層。外果皮と内果皮の間にある。ウメ、モモでは生食する水分の多い多肉質の部分にあたる。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android