中正俱楽部(読み)ちゅうせいクラブ

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうせいクラブ【中正俱楽部】

無所属議員によって組織された院内団体。1924年第2次護憲運動で護憲三派は普選断行貴族院の改革,行政・財政の整理を掲げて,第15回総選挙にのぞみ大勝したが,革新俱楽部は代議士数を43名から30名に減少させた。このため中立無所属議員の動向が注目されたが,若尾璋八,岡田忠彦らは新議員28名,前議員14名で中正俱楽部を発足させた(1924年5月30日)。森矗昶(のぶてる),堤清六らの実業家も加わっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android