コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護憲三派 ゴケンサンパ

大辞林 第三版の解説

ごけんさんぱ【護憲三派】

1924年(大正13)の貴族院を中心とした超然的清浦内閣に反対した第二次護憲運動で、指導的役割を果たした憲政会・政友会・革新俱楽部の三つの政党のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の護憲三派の言及

【護憲運動】より

…24年1月枢密院議長の清浦奎吾が貴族院を中心に超然内閣を組織すると,ジャーナリズムをはじめ清浦内閣反対の声が高まった。これらを背景に,憲政,革新両党と清浦内閣支持をめぐって分裂した政友会の政府反対派が加わり,護憲三派を形成,政党内閣制の樹立,普選法制定,貴族院改革の3要求を掲げて清浦内閣打倒を目ざした。清浦内閣は衆議院を解散してこれに対抗したが,総選挙の結果は護憲三派が絶対多数を占めて圧勝し,ついに清浦内閣は総辞職した。…

【大正時代】より

… 加藤病死のあと,関東大震災のさなかに成立した第2次山本内閣は挙国一致を唱え,普選採用をはかったが,政友会の協力が得られず,摂政暗殺未遂の虎の門事件を機に総辞職した。貴族院を母体として成立した清浦奎吾(けいご)内閣に対し,政友会,憲政会および犬養毅の率いる革新俱楽部の護憲三派が第2次護憲運動を起こし,1924年5月の総選挙で大勝し,各地の市民政社を傘下におさめた憲政会が第一党となり,総裁加藤高明が首相に指名された。以後衆議院の多数党の総裁が首相となる政党内閣制が慣習化された。…

【帝国議会】より

…しかし,原の横死以後は政友会内の派閥対立が表面化するとともに貴族院への影響力も急速に後退して政友会内閣は退陣し,これ以後,貴族院議員を中心とする中間内閣が続いた。24年枢密院議長清浦奎吾(けいご)が陸海外相を除く全閣僚を貴族院議員で構成する特権内閣を組織すると,危機感を強めた憲政会,政友会,革新俱楽部の3党は護憲三派を結成して第2次護憲運動を展開し,解散後の総選挙で圧勝して護憲三派内閣を成立させた。
[普選法と憲政の常道]
 この内閣は,1925年第50議会で公約の普通選挙法を成立させ,同時に貴族院改革にも手をつけたが,有爵(伯,子,男)互選議員を若干減員する一方,帝国学士院会員からの選出議員を新設し,多額納税議員を若干増員するという改革にとどまり,世論の要求する抜本的な改革とはならなかった。…

※「護憲三派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

護憲三派の関連キーワード革新倶楽部・革新俱楽部加藤高明内閣清浦奎吾内閣憲政擁護運動小泉策太郎革新俱楽部野田卯太郎片岡 直温婦人参政権加藤 高明治安維持法清浦 奎吾横田千之助中正俱楽部清浦内閣安達謙蔵藩閥政治浜口雄幸藩閥政府清浦奎吾

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

護憲三派の関連情報