コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中泉行正 なかいずみ ゆきまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中泉行正 なかいずみ-ゆきまさ

1897-1978 昭和時代の眼科医。
明治30年1月25日生まれ。中泉行徳(ゆきのり)の次男。父の跡をつぎ開業。財団法人研医会をつくり眼科関係の医書,古医書を収集・公開した。日本眼科医会会長などをつとめる。昭和53年1月8日死去。80歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「明治以前日本医学史・眼科の部」「古医書をたずねて」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中泉行正の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android