コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石原忍 いしはらしのぶ

7件 の用語解説(石原忍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石原忍
いしはらしのぶ

[生]1879.9.15. 東京
[没]1963.1.3. 静岡
眼科医。「石原式色盲検査表」の創案者。 1905年東京帝国大学医科大学を卒業し,陸軍軍医となる。視力表の改良を命じられて 09年かたかなの「万国式日本試視力表」を公表。また色盲表の改良にたずさわり,「石原式色盲表」を作製した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いしはら‐しのぶ【石原忍】

[1879~1963]医学者。東京の生まれ。東大教授。眼科学に関する研究に専念。「色覚検査表」を作製。著「近世眼科処方集」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石原忍【いしはらしのぶ】

医学者。東京生れ。石原純の兄。1905年東大卒後,陸軍軍医となり,初め外科,のちに眼科を専攻,1910年軍医学校教官,1922年―1940年東大教授。眼科学の著書,論文多く,特に《色盲検査表》の作製は世界的業績とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石原忍 いしはら-しのぶ

1879-1963 大正-昭和時代の眼科学者。
明治12年9月25日生まれ。石原純,石原謙の兄。軍医としてドイツに留学,大正11年母校東京帝大の教授となる。のち東京逓信病院長,前橋医専初代校長。世界的に普及した石原式色覚検査表を作成。色覚異常の研究で昭和16年朝日文化賞,学士院賞。36年文化功労者。昭和38年1月3日死去。83歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いしはらしのぶ【石原忍】

1879‐1963(明治12‐昭和38)
眼科学者。東京生れ。東京大学卒。軍医となったのち,1908年東大大学院に入り眼科学を専攻。ドイツに留学,陸軍一等軍医正(のち軍医少将)の資格のまま22年東大教授となり,在任18年に及び,その間医学部長にも就いた。選兵方法改善という自らの現実的な課題もあって,視力表と色盲表の研究にとり組み,〈日本視力表〉〈石原式色盲検査表〉を確立し,後者は1917年欧文でも公表され,国際的にも認められ,主として色覚検査のスクリーニングに用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いしはらしのぶ【石原忍】

1879~1963) 医学者。東京生まれ。東大医学部の眼科学教授。視力表・色覚異常検査表・視野測定器などを開発。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石原忍
いしはらしのぶ
(1879―1963)

眼科学者。東京生まれ。1905年(明治38)東京帝国大学医科大学卒業、陸軍軍医を志願し、翌1906年陸軍二等軍医となる。1908年東京帝国大学大学院に入り、眼科学を専攻、1910年陸軍軍医学校教官となり、1912年(明治45)ドイツに留学、眼科学を研究し、1914年(大正3)に帰国。1916年学位を取得。1922年、陸軍一等軍医正のまま東京帝国大学教授となり、医学部眼科学教室を主宰、1940年(昭和15)退職。眼科学に関する多くの研究論文を発表したが、それらのなかでも色覚異常(色盲)に関する研究はもっとも優れており、「色覚検査表」は世界的に知られ、「石原表」と称されて広く使用されている。1941年には「色盲の研究」により帝国学士院賞を受け、1957年(昭和32)日本学士院会員に選ばれ、1961年文化功労者に推された。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石原忍の言及

【トラコーマ】より

…この小体は,1907年にプロワツェクStanislaus Joseph Mathias von Prowazek(1875‐1915)らによって発見され,トラコーマの病原体であると推定されたものである。その後,この考えに疑義が出されたが,石原忍らは37‐41年に,プロワツェク小体によりトラコーマが生ずることを証明した。現在,プロワツェク小体はクラミディアの1種によるものとされている。…

※「石原忍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石原忍の関連キーワード浅山郁次郎井上達也印東玄得大西克知荻生録造河本重次郎須田哲造中泉行徳中山森彦渡辺渡

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石原忍の関連情報