コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中津原 なかつはら

1件 の用語解説(中津原の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なかつはら【中津原】

神奈川県中央部,相模川とその支流の中津川にはさまれた台地で,北半は愛甲郡愛川町,南半は厚木市に属する。台地の東西両側が2河川に臨むところは急崖であるが,表面はおおむね平たんで,高度は北端部で約180m,南端部では約50mである。相模川東岸の相模原台地と同じ地質で,表面は厚さ10~14mの関東ローム層におおわれ,その下に段丘礫層があり地下水面は深い。台地は一面が桑園であったが,第2次大戦末期に中央部の中津に陸軍飛行場が設けられ,その跡地に1966年,神奈川県企業庁によって内陸工業団地が造成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中津原の関連情報