コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊倉 いくら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊倉
いくら

熊本県玉名(たまな)市の一地区。かつての伊倉荘(しょう)で、古代は丹倍津(にべつ)とよばれ、加藤清正(きよまさ)による菊池(きくち)川掘替え工事(1605)まで港として栄えた唐人(とうじん)川筋の河港で、文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役には肥後(ひご)(熊本県)における朝鮮への出入港泊地にもなった。近世は、新興の大浜港の後方基地として、また職人町(鍛冶(かじ)職人)を有する在町として、JR鹿児島本線が開通(1891)し、その交通体系が変わるまで、町のにぎわいは維持されていた。1351年(正平6・観応2)建立の伊倉南・北八幡宮(はちまんぐう)や明(みん)人郭(かく)氏の墓がある。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の伊倉の言及

【玉名[市]】より

…熊本県北西部の市。1954年玉名郡の玉名,大浜,伊倉の3町と豊水,石貫(いしぬき)など9村が合体して市制をしき,56年南関町の一部を編入した。人口4万5341(1995)。…

※「伊倉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

伊倉の関連キーワード燃えろ!!ロボコン大浜(熊本県)新富[町]玉名(市)玉名[市]伊倉愛美稲村ヶ崎唐人町玉名市鷹取山阿漕浦材木座剣崎

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊倉の関連情報