コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中空糸膜 ちゅうくうしまく hollow fiber membrane

2件 の用語解説(中空糸膜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中空糸膜
ちゅうくうしまく
hollow fiber membrane

マカロニ状の繊維いわゆる中空糸に分離膜としての機能を持たせたものをいう。この繊維は中心の空間部分とそれを取り囲む壁の部分とから成り,壁の部分を分離膜として利用する。内径は 100~400μm,膜厚は数μmから 200μm程度である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうくうし‐まく【中空糸膜】

濾過(ろか)機能をもつ合成樹脂製の中空繊維ストロー状の繊維の壁面に無数の超微細孔があり、圧力をかけた水を流すと濾過された水が出てくる。家庭用浄水器浄水場に用いられるほか、中東諸国の海水淡水化プラントなど大規模水処理システムにも採用されている。医療分野では、人工透析で血液を濾過するダイアライザーなどに使用される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中空糸膜の関連キーワード合成樹脂塗料アイワウオーターベッド中空繊維ビニール袋ブルーシートシリコン樹脂親水性樹脂三光合成プラマテルズ

中空糸膜の関連情報