コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中耳炎と乳突蜂巣の発育 ちゅうじえんとにゅうとつほうそうのはついく

1件 の用語解説(中耳炎と乳突蜂巣の発育の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ちゅうじえんとにゅうとつほうそうのはついく【中耳炎と乳突蜂巣の発育】

 耳の後ろには、鼓室(こしつ)につながる乳突蜂巣(にゅうとつほうそう)という空洞(くうどう)(含気蜂巣(がんきほうそう))があって、1歳ごろから発育を始め、10歳ごろには発育は止まります。
 子どもが急性化膿性中耳炎(きゅうせいかのうせいちゅうじえん)(「急性化膿性中耳炎」)、滲出性中耳炎しんしゅつせいちゅうじえん)(「滲出性中耳炎(中耳カタル)」)などの中耳炎を患うと、この乳突蜂巣の発育が止まりますが、中耳炎が治れば、再び発育が始まります。中耳炎を患っている期間が長ければ長いほど、乳突蜂巣の発育は悪くなります。
 したがって、この乳突蜂巣をX線撮影し、年齢相応の発育をしているかどうかを調べると、その子どもの中耳炎にかかっていた期間を推定できます。
 10歳を過ぎて滲出性中耳炎を患っている子どもの乳突蜂巣がほとんど発育していなければ、乳児のころから滲出性中耳炎にかかっていたことを示すもので、今後も、いろいろな難治性(なんちせい)の中耳炎にかかる可能性が高く、耳鼻咽喉科(じびいんこうか)で長期にわたって経過を管理する必要があります。
 急性化膿性中耳炎や滲出性中耳炎にくり返しかかる子どもは、耳鼻咽喉科医に乳突蜂巣のX線写真を撮ってもらうほうがいいでしょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

中耳炎と乳突蜂巣の発育の関連キーワード後ろ紐後ろ幕後室鼓室後ろ挿縁に繋がる血が繋がる完骨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone