コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性化膿性中耳炎 きゅうせいかのうせいちゅうじえん Acute Suppurative Otitis Media

1件 の用語解説(急性化膿性中耳炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きゅうせいかのうせいちゅうじえん【急性化膿性中耳炎 Acute Suppurative Otitis Media】

[どんな病気か]
 急性上気道感染症(きゅうせいじょうきどうかんせんしょう)(かぜ)に引き続いて、かぜの原因になっている肺炎球菌(はいえんきゅうきん)、インフルエンザ菌などの細菌が耳管(じかん)を経由して中耳に達し、炎症をおこす状態をいいます。急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)という場合は、ふつう、この病気を指します。
[症状]
 耳の痛み、発熱などがおこります。乳幼児では、機嫌の悪いことだけが症状であることが多いので、注意が必要です。かぜをひいたときやひいた後に耳の痛みを訴えたり、機嫌が悪いときは、まず、急性化膿性中耳炎を疑いましょう。
[治療]
 耳痛(じつう)が強い場合(乳幼児では機嫌が悪い場合も含めて)は、痛みをとるために鼓膜切開(こまくせっかい)が必要になります。膿(うみ)のまじった耳だれ(膿性(のうせい)の耳漏(じろう))をともなう場合は、抗生物質も使用します。
 急性上気道感染症、副鼻腔炎(ふくびくうえん)、アレルギー性鼻炎(せいびえん)などが先行していれば、その治療も必要です。
 鼓膜が破れて耳だれが出るようになった場合は、耳だれをきれいに吸引します。
 ふつう、約3週間の治療で治ります。
[予防]
 急性中耳炎になったら、確実に治るまで治療し(医師がいいと言うまで通院を続ける)、滲出性中耳炎しんしゅつせいちゅうじえん)(「滲出性中耳炎(中耳カタル)」)にならないようにすることがたいせつです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

急性化膿性中耳炎の関連キーワード風邪感冒腎炎ペスト指定感染症急性感染症慢性感染症溶連菌感染症下気道上気道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone