コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中華饅頭 チュウカマンジュウ

3件 の用語解説(中華饅頭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅうか‐まんじゅう〔チユウクワマンヂユウ〕【中華×頭】

小麦粉を発酵させて作った皮に、ラード入りのあんや、ひき肉と野菜などを包んで蒸したまんじゅう。包子(パオズ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ちゅうかまんじゅう【中華饅頭】

中華風のまんじゅう。小麦粉をこねてイーストで発酵させて作る皮で具を包んで蒸したもの。豚ひき肉やみじん切りの野菜で作ったあんを入れた「肉まん」やごま油を加えたあずきあんを入れた「あんまん」などがある。◇「中華まん」と略す。中国ではこの種のものは包子(パオズ)といい、饅頭(マントウ)は中身を入れないものをさす。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうかまんじゅう【中華饅頭】

中国風の饅頭。イーストで発酵させた皮で、挽き肉と微塵みじん切りの野菜や、胡麻ごま油を加えて練った小豆餡を包みふかした饅頭。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中華饅頭の関連情報