中道等(読み)なかみち ひとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中道等 なかみち-ひとし

1892-1968 明治-昭和時代の郷土史家,民俗学者。
明治25年生まれ。独学で民俗・歴史・考古学をまなぶ。柳田国男,渋沢敬三にみとめられ,「郷土研究」「旅と伝説」などに執筆した。昭和16年横浜市市民博物館長。昭和43年8月22日死去。76歳。宮城県出身。八戸中学中退。旧姓は砂金

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android