コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋沢敬三 しぶさわけいぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渋沢敬三
しぶさわけいぞう

[生]1896.8.25. 東京
[没]1963.10.25.
実業家,政治家,民俗学研究者。渋沢栄一の孫,子爵渋沢篤二の長男として生れる。 1921年東京帝国大学経済学部卒業。横浜正金銀行に入り,また,同 1921年アチック・ミューゼアム (屋根裏博物館) を自宅に開設して,郷土玩具の収集と調査を開始。 1926年祖父の創業した第一銀行に移り,1942年日本銀行副総裁に転じ,1944年総裁に就任。 1945年幣原内閣の蔵相となり,第2次世界大戦直後のインフレ対策に努めた。公職追放を受けるが,1951年解除後は国際電信電話社長など財界で活躍。一方戦前からの民俗学民族学研究も精力的に続け,広くその研究成果を発表し,日本民族学協会 (現在の渋沢民族学振興基金および日本文化人類学会) を興して会長をつとめ,さらに戦後は幅広い人文科学の学際的協業の必要性を説いて六学会連合 (現九学会連合) を組織した。収集された民具の多くは,現在国立民族学博物館に収蔵されている。主著豆州内浦漁民史料』『日本魚名集覧』『明治文化史』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しぶさわ‐けいぞう〔しぶさはケイザウ〕【渋沢敬三】

[1896~1963]実業家。東京の生まれ。栄一の孫。日本銀行総裁を経て、敗戦後、幣原(しではら)内閣の蔵相に就任。民俗学・生物学の学者としても知られ、常民文化研究所を主宰、多くの研究者を援助した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

渋沢敬三【しぶさわけいぞう】

実業家。渋沢栄一の孫。東京生れ。東大経済学部卒。横浜正金銀行取締役,第一銀行副頭取を経て1944年日本銀行総裁となり,第2次大戦後は幣原内閣の大蔵大臣,のち財界世話役として活躍。
→関連項目宮本常一

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋沢敬三 しぶさわ-けいぞう

1896-1963 昭和時代の実業家。
明治29年8月25日生まれ。渋沢栄一の孫。第一銀行副頭取などをへて,昭和19年日銀総裁。20年幣原内閣の蔵相となり,戦後財政の処理にあたる。公職追放解除後,国際電信電話社長などをつとめ,財界で活躍。また,アチック-ミューゼアム(のち日本常民文化研究所)を主宰し,おおくの民俗学者をそだてた。昭和38年10月25日死去。67歳。東京出身。東京帝大卒。編著に「日本魚名集覧」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しぶさわけいぞう【渋沢敬三】

1896‐1963(明治29‐昭和38)
近代の実業家。東京の生れで,渋沢栄一の孫。東京帝国大学経済学部卒業後,横浜正金銀行に入るが,のちに第一銀行に移る。1944年には日本銀行総裁に就任し,第2次大戦後は幣原(しではら)喜重郎内閣の大蔵大臣となるなど経済界の指導者として活躍した。一方,大学在学中から穂積陳重石黒忠篤柳田国男などの影響を受けて,文化の基層を,支配階級を除いたごく普通の庶民すなわち常民の文化に求め,とくに漁業関係の社会経済史料に注目した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しぶさわけいぞう【渋沢敬三】

1896~1963) 実業家・民俗学研究家。東京生まれ。渋沢栄一の孫。日本銀行総裁・大蔵大臣。アチック-ミューゼアム(のち常民文化研究所)を主宰、民族学・民俗学などの学会活動や野外調査に多大の援助を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渋沢敬三
しぶさわけいぞう
(1896―1963)

昭和期の実業家。渋沢栄一の孫として東京に生まれる。東京帝国大学を卒業し、横浜正金銀行に勤務したが、1925年(大正14)には祖父の創設した第一銀行に取締役として入り、41年(昭和16)副頭取(とうどり)に就任した。42年日本銀行に転じて副総裁、総裁を務め、敗戦後の45年(昭和20)10月には幣原(しではら)内閣の蔵相となり、戦後インフレの収束にあたった。公職追放を受けたが、解除後は国際電信電話(現在はKDDI)社長、文化放送会長などを歴任するとともに、財界の世話役として活躍した。業務のかたわら、少年時代から関心をもっていた生物学や民俗学の研究を続け、自邸に常民文化研究所を設け、また多くの研究者を援助した。日本民族学協会や人類学会の会長をも務めた。[杉山和雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の渋沢敬三の言及

【日本常民文化研究所】より

…1925年渋沢敬三により設立された,民具・民俗資料の収集・研究,漁業・水産史の研究を中心とした民間研究所。初め,渋沢邸(東京深川)の物置の2階に生物の標本,郷土玩具などの民具を集め,同好の士と研究をはじめたことから,アチック・ミューゼアム(屋根裏博物館)と名づけられた。…

【民具】より

…人々が生活の必要から製作・使用してきた伝統的な器具・造形物の総称。古くは土俗品,民俗品などと呼ばれていたが,1933‐34年ごろ渋沢敬三によって〈民具〉という言葉が使いはじめられ,当初は渋沢敬三の主宰するアチック・ミューゼアム(のち日本常民文化研究所と改称)の同人たちのあいだにとどまっていたが,今日ではひろく学術用語として学界・一般に定着している。アチック・ミューゼアムの《民具蒐集調査要目》(1936刊)において民具を〈我々の同胞が日常生活の必要から技術的に作り出した身辺卑近の道具〉と定義され,その定義が今日も日本における民具研究の根幹をなしている。…

※「渋沢敬三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

渋沢敬三の関連キーワード日本銀行[株]第一銀行[株]大川四郎左衛門高橋 文太郎渋沢 敬三楫西 光速知里真志保早川孝太郎旅する巨人宮本 常一昭和時代中道 等網野善彦佐野真一佐野眞一礒貝 勇須藤健一中学生中道等浜谷浩

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渋沢敬三の関連情報