コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野半左衛門 なかの はんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野半左衛門 なかの-はんざえもん

1804-1874 江戸後期-明治時代の大庄屋。
文化元年生まれ。長門(ながと)(山口県)豊浦郡の人。木屋川,佐波(さば)川などを浚渫(しゅんせつ)し船の運航を発展させ,萩(はぎ)藩の通船支配となる。また勧農産物江戸方御内用掛などをつとめ,薩摩との交易を一時支配した。明治7年2月12日死去。71歳。幼名は豊蔵。名は景郷,信。通称は信蔵。号は吟松

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中野半左衛門の関連キーワード白石正一郎明治時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android