コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木屋川 こやがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木屋川
こやがわ

別称吉田川。山口県西部,石見高原北西部の俵山付近に源を発し,南流して下関市小月で周防灘に注ぐ川。全長 43.7km。中,下流域に西市田部盆地が発達し,河口には小月平野が広がり水田地帯となる。流域に天然記念物ゲンジボタルの発生地がある。上流の豊田湖 (木屋川ダム) は豊田県立自然公園に属し,支谷の石柱渓名勝および天然記念物に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木屋川
こやがわ

山口県西部を流れる川。長門(ながと)市俵山(たわらやま)の大笹峠付近に発し、下関市豊田(とよた)町の西市(にしいち)盆地や下関市菊川町の田部(たべ)盆地を貫流して、下関市小月(おづき)で周防灘(すおうなだ)に入る。延長43.8キロメートル、流域面積289.6平方キロメートル。吉田川ともいう。上流に県営木屋川ダムがあり、その豊田湖の水は下関市の上水や工業用水として利用される。ダムの上流には俵山温泉がある。木屋川流域はゲンジボタルの発生地として国の天然記念物に指定されている。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

木屋川の関連キーワード豊田(山口県)中野半左衛門俵山[温泉]豊田[町]下関(市)アオギス菊川豊田

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木屋川の関連情報