コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野素堂 なかの そどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野素堂 なかの-そどう

1765-1829 江戸時代後期の儒者。
明和2年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)の人。山本北山(ほくざん)にまなび,津藩につかえる。大窪(おおくぼ)詩仏,菊池五山らとまじわる。詩にすぐれたという。文政12年9月14日死去。65歳。名は正興。字(あざな)は子興。著作に「尊孟後弁」「仙人戯説」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中野素堂の関連キーワード中野碩翁ヤング岩井半四郎自然史博物館ゲーテ(年譜)鶴屋南北俚言集覧過疎現象と市区町村合併自伝

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone