コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津藩 つはん

5件 の用語解説(津藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津藩
つはん

「安濃津藩 (あのつはん)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

津藩【つはん】

安濃津(あのつ)藩・藤堂(とうどう)藩とも。伊勢(いせ)国津に藩庁をおいた外様(とざま)藩。1608年藤堂高虎(とうどうたかとら)が伊賀(いが)1国と伊勢国安濃(あの)・一志(いちし)2郡の22万石で入部し成立。
→関連項目伊賀街道伊賀国伊勢国田丸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

つはん【津藩】

江戸時代伊勢(いせ)国安濃(あのう)郡津(安濃津(あのつ):現、三重県津市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は有造館(ゆうぞうかん)。1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦いの功で富田信高(とみたのぶたか)が安濃津城主への復帰がなったが、08年に伊予(いよ)国宇和島(うわじま)藩に移封(いほう)された。代わって、築城の才で徳川家康(とくがわいえやす)の信任を得、関ヶ原の戦いでも功のあった藤堂高虎(とうどうたかとら)が、伊予国今治(いまばり)藩20万石から伊勢国と伊賀(いが)国内の22万石余に加増されて入封した。さらに大坂の陣の功で17年(元和(げんな)3)に32万石余となり、外様でありながら別格譜代の扱いを受ける大大名にのしあがった。以後、明治維新まで国替えもなく、藤堂氏12代が続いた。所領は、3代高久(たかひさ)のとき、弟の高通(たかみち)を久居(ひさい)に分封して支藩をつくったことで27万石余となり、以後はほぼ変化がなかった。10代高兌(たかさわ)は藩政改革を成功させ、藤堂家中興の明主(めいしゅ)と称された。幕末の戊辰(ぼしん)戦争では初め幕府側に立ったが、朝廷からの働きかけもあって新政府軍に与(くみ)して幕府軍と戦った。1871年(明治4)の廃藩置県安濃津県となり、翌年三重県と改称された。◇安濃津藩、藤堂藩ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つはん【津藩】

伊勢国(三重県)安濃郡津(安濃津)に本城をおいた外様藩。安濃津藩,藤堂藩ともいう。織田信包(のぶかね)が1569年(永禄12)以来津城主であったが,文禄年間(1592‐96)富田氏が移って付近5万石余を支配した。1608年(慶長13)伊予国から転封になった藤堂高虎が伊賀全国および伊勢国安濃郡,一志郡の内に合わせて22万石余の領地を与えられて,本格的な藩政時代となり,藤堂氏は廃藩置県まで津藩主として支配をつづけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津藩
つはん

伊勢(いせ)国津(三重県津市)周辺と伊賀(いが)国(三重県西部)を領有した藩。安濃津(あのつ)藩、藤堂(とうどう)藩ともいう。外様(とざま)。関ヶ原の戦いで東軍に属した津城主富田信高(とみたのぶたか)(5万石)の伊予宇和島への移封、また伊賀上野(うえの)を領知した筒井定次(つついさだつぐ)(20万石)の乱行による改易の後を受けて、藤堂高虎(たかとら)が伊予今治(いまばり)から1608年(慶長13)に入封し22万0900石を領有、津・上野両城を治めた。大坂冬・夏両陣の功で1617年(元和3)には石高(こくだか)32万3000石余となる。高虎は城下町の経営に力を入れ、津は伊勢第一の繁栄をみた。高虎の保護に支えられ、津商人は江戸にも進出し伊勢商人として大伝馬(おおでんま)町を支配するに至る。高虎は外様ではあったが、将軍家の信任を得た。以後、高次(たかつぐ)、高久(たかひさ)、高睦(たかちか)、高敏(たかとし)、高治(たかはる)、高朗(たかあき)、高悠(たかなが)、高嶷(たかさど)、高兌(たかさわ)、高猷(たかゆき)、高潔(たかきよ)と260年間、国替もなく明治維新を迎えた。この間、2代高次、3代高久は藩体制確立に努め、1669年(寛文9)高久は弟高通(たかみち)に久居(ひさい)藩(5万石)、同高堅(たかかた)に3000石を分封、天和(てんな)・貞享(じょうきょう)期(1681~88)には玉置甚三郎(たまおきじんざぶろう)らに法制を整備させた。4代高睦から8代高悠のころは天災・凶作が続発し、藩政も衰退の一途をたどる。9代高嶷治世の寛政(かんせい)期(1789~1801)には郡奉行(こおりぶぎょう)茨木理兵衛(いばらぎりへえ)ら下級武士層を中心に藩政改革の動きがあったが、平高(ならしだか)制をはじめ人心を無視した改革のため、農民層の反発を招き寛政一揆(いっき)が起こった。10代高兌は率先して藩政刷新の範を示し、藩校有造館(ゆうぞうかん)を設け学芸を奨励し中興の明主と称された。11代高猷は1859年(安政6)偕楽園(かいらくえん)をつくる。1871年(明治4)12代高潔のとき廃藩となり、津県、安濃津県を経て76年三重県に編入された。[原田好雄]
『岡正基他編『津市の歴史散歩』(1970・津市教育委員会) ▽梅原三千・西田重嗣編『津市史』全5冊(1959~69・津市役所) ▽宇野哲人・乙竹岩造著『藩学史談』(1943・文松堂書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の津藩の言及

【伊賀国】より

…同年9月に高虎は上野城に入ったが,本城を伊勢津城とし10月上旬に移ったので,以後は城代が配された。その後,36年(寛永13)に高虎の義子高吉が名張郡簗瀬の寨(とりで)に配されて名張家2万石の祖となったが,家臣の最高位という位置を出なかったから,廃藩置県まで津藩の一国支配が続いた。津藩は旧土豪層を無足人(むそくにん)(在郷武士)に取り立て,また伊賀者に採用して,伊賀の安定をはかった。…

【宗国史】より

…伊勢国津(安濃津)藩の藩政記録。伊賀国上野城代の家老藤堂高文が編集したもの。…

【津[市]】より

…北部の一身田(いしんでん)は江戸時代に真宗高田派の本山専修(せんしゅう)寺の寺内町および参宮街道の宿場として発達した。津藩主藤堂氏の山荘であった市立偕楽公園はツツジ,桜の名所で,南部の阿漕(あこぎ)浦は海水浴場として知られる。【成田 孝三】
[津城下]
 伊勢国安濃郡の城下町。…

※「津藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

津藩の関連キーワード安濃津伊勢縞伊勢代参安濃〈町〉三重県津市安濃町安濃三重県津市安濃町曽根三重県津市安濃町田端上野三重県津市安濃町連部安濃内親王石田永雪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津藩の関連情報