中野鈴子(読み)なかの すずこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野鈴子 なかの-すずこ

1906-1958 昭和時代の詩人。
明治39年1月24日生まれ。中野重治(しげはる)の妹。昭和4年上京,「戦旗」に詩を発表し,宮本百合子らと「働く婦人」を編集する。戦後は新日本文学会福井支部を結成,「ゆきのした」を創刊。昭和33年1月5日死去。51歳。福井県出身。女子実業学校(現三国高)卒。筆名は一田アキ。詩集に「花もわたしを知らない」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中野鈴子の関連情報