コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間確認の訴え ちゅうかんかくにんのうったえ

2件 の用語解説(中間確認の訴えの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ちゅうかんかくにんのうったえ【中間確認の訴え】

〘法〙 訴訟の進行中に本来の請求の前提となる権利関係につき争いがある場合に、当事者が起こす確認の訴え。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中間確認の訴え
ちゅうかんかくにんのうったえ

民事訴訟において、訴訟の係属中に本来の請求の判断に対して、先決的関係にある法律関係の存否について争いがあるとき、現在係属中の当該訴訟手続において、確認の判決を求める訴えをいう(民事訴訟法145条)。先決的確認の訴え、あるいは付随的確認の訴えともいう。元来、先決的法律関係は判決理由中で判断されるが、その判断には既判力は生じない(同法114条1項)。したがって、当事者が訴訟中に先決関係の存否についても、既判力によって確定しておきたいときは、これを新しい請求として、つまり判決主文の判断対象として認めようとするものである。たとえば、利息債権の支払請求訴訟中で元本債権の存否が争いとなった場合や、所有物の返還請求訴訟中で所有権そのものの存否が争いとなった場合において、元本債権や所有権はそれぞれ先決関係にあるから、それらについての存否をも判決で明確にしておくため訴訟中に提起する訴えである。[内田武吉・加藤哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone