中間財(読み)チュウカンザイ

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかんざい【中間財 intermediate goods】

国民所得勘定の1経済期間(四半期,1年間)内において,はその使途によって〈中間財〉と〈最終財final goods〉に分類される。〈中間財〉とは,その期間内において,他財の生産過程に原材料として投入される財であり,〈最終財〉とは,もはや他財の生産過程に投入されない財である。この分類は財固有の属性によるものではない。たとえば,電力会社が火力発電を行うために投入した石油は中間財であるが,その期間内では,もはや投入されず,在庫として残った石油は最終財である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうかんざい【中間財】

他の生産物の原材料とされる生産物。中間生産物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中間財の関連情報