コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間財 チュウカンザイ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうかん‐ざい【中間財】

加工過程を経た製品で、生産活動において原材料・燃料・動力または消耗品としてさらに使用されるもの。ナフサ、自動車のエンジン・タイヤなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかんざい【中間財 intermediate goods】

国民所得勘定の1経済期間(四半期,1年間)内において,はその使途によって〈中間財〉と〈最終財final goods〉に分類される。〈中間財〉とは,その期間内において,他財の生産過程に原材料として投入される財であり,〈最終財〉とは,もはや他財の生産過程に投入されない財である。この分類は財固有の属性によるものではない。たとえば,電力会社が火力発電を行うために投入した石油は中間財であるが,その期間内では,もはや投入されず,在庫として残った石油は最終財である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうかんざい【中間財】

他の生産物の原材料とされる生産物。中間生産物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中間財の関連キーワード付加価値貿易イニシアチブボトルネック・インフレ開発途上国開発問題総合卸売物価指数生産者物価指数地域産業連関表財・サービス中間財務諸表中台経済交流国際経済学中間生産物一般消費税国民総生産付加価値税半期報告書中小企業木材工業財務諸表帰属理論NIES