コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

串人形 くしにんぎょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

串人形
くしにんぎょう

人形芝居の一種。広義には差金(さしがね)を使って人形の手を操作する一人遣いの「差し人形」(現代の人形劇の分類では「棒遣い」)をさすが、狭義には埼玉県秩父(ちちぶ)市荒川白久(あらかわしろく)の二人遣いの「白久串人形」をさす。事実、串人形と称しているのは白久だけであり、白久二人遣いは、日本の数多い人形芝居のなかで唯一の存在である。人形の大きさは五十数センチメートル、主遣(おもづか)いは首(かしら)と胴のみ操り、手遣いがその背後から覆いかぶさるようにして竹串で人形の両の手を操る。腰幕は高さ1メートルで、人形遣いは座って遣う。人形芝居の盛んな秩父地方では歴史が浅いほうで、1874年(明治7)ごろ始められたという。秩父第30番札所法雲寺の縁日の4月の第3日曜日その他に行われ、『朝顔日記』『弁慶上使』などの演目がある。伴奏はもと説経節(せっきょうぶし)であったが、義太夫節(ぎだゆうぶし)に変わった。[西角井正大]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の串人形の言及

【人形浄瑠璃】より

…また,説経人形の間(あい)狂言として演じられた野呂間人形も残っている。 ほかに,一人遣いで,車のついた木箱に腰をかけて人形を遣う東京都八王子の車人形(説経節),二人遣いの埼玉県白久の串人形(義太夫節),指遣いの岩手県南部の軽石人形(義太夫節),一人遣いの千葉県袖ヶ浦の袱紗(ふくさ)人形(説経節)など,特色ある人形芝居が存在し,民衆芸能のありさまを連綿と伝えてきたが,その多くが保存と伝承を危ぶまれている。【斎藤 武】。…

※「串人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

串人形の関連キーワード荒川(埼玉県、旧村名)秩父人形人形劇首人形

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android