コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸山不忘 まるやま ふぼう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山不忘 まるやま-ふぼう

1890-1970 大正-昭和時代の鋳金家。
明治23年4月5日生まれ。高松工芸学校教諭をへて東京で鋳金工場を経営。昭和21年母校東京美術学校(現東京芸大)の教授となる。高村光雲・光太郎の原型による鋳造作品を制作,また奈良薬師寺東塔相輪などを修理した。昭和45年10月22日死去。80歳。山形県出身。本名は義男。代表作に法隆寺金堂本尊前大卓。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

丸山不忘の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android