コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高村光雲 たかむら こううん

美術人名辞典の解説

高村光雲

彫刻家。東京生。光太郎の父。本名は中島幸吉。仏師高村東雲師事。東美校教授となり多くの後進を育成。西洋彫刻の写実性を取り入れ彫刻の近代化に尽した。帝室技芸員会員・帝国美術院会員。昭和9年(1934)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たかむら‐こううん〔‐クワウウン〕【高村光雲】

[1852~1934]彫刻家。江戸の生まれ。旧姓、中島。幼名、光蔵。仏師高村東雲の門人で、その姉の養子となり、高村姓を継いだ。光太郎の父。伝統的木彫の近代化に尽力。作「老猿」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高村光雲【たかむらこううん】

彫刻家。本名は中島光蔵。江戸生れ。仏師高村東雲に師事。木彫の伝統技法に写実的表現を加え,伝統技法の新たな展開をはかった近代日本彫刻の最初の一人。1889年―1926年東京美術学校木彫科教授。
→関連項目米原雲海

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高村光雲 たかむら-こううん

1852-1934 明治-昭和時代前期の彫刻家。
嘉永(かえい)5年2月18日生まれ。高村光太郎,高村豊周(とよちか)の父。高村東雲に木彫をまなび,東雲の姉の養子となる。明治10年第1回内国勧業博で東雲の代作白衣観音」が最高賞を受賞。東京美術学校(現東京芸大)教授,文展審査員などを歴任。大正8年帝国美術院会員。作品に「楠公像」「西郷隆盛像」「老猿」など。昭和9年10月10日死去。83歳。江戸出身。旧姓は中島。名は光蔵,のち幸吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高村光雲

没年:昭和9.10.10(1934)
生年:嘉永5.2.18(1852.3.8)
明治大正期の彫刻家。江戸下谷生まれ。本名中島光蔵。文久3(1863)年仏師高村東雲に入門,東雲の姉の養子となり高村姓を継ぐ。明治維新後の牙彫の流行のなかで木彫を通し,明治22(1889)年,日本画と木彫という伝統美術の陣容で開校した東京美術学校(東京芸大)の雇,翌年教授となった。以後,多くの万博や国内の博覧会で高賞を受賞,40年からは官展の審査員を毎回務めた。制作は,明治30年代に頂点を迎えた感があるが,伝統の木彫に西洋の写実を加え,日本近代木彫の祖ともいうべき足跡を残している。長男の高村光太郎をはじめ,山崎朝雲,米原雲海,平櫛田中ら多くの俊秀を門下に輩出した。

(佐藤道信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

江戸・東京人物辞典の解説

高村光雲

1852〜1934(嘉永5年〜昭和9年)【彫刻家】上野の西郷隆盛像の作者。 日本近代彫刻の祖として木彫の復権に尽力。明治〜昭和前期の彫刻家。旧姓は中島、幼名は光蔵。江戸下谷生れ。仏師高村東雲に師事し、東雲の姉の養子となる。明治維新後、廃仏毀釈などで衰退していた伝統の木彫を、西洋美術の写実性を取り入れることで、近代彫刻として甦らせた。1889年(明治22)岡倉天心の招きで東京美術学校で後進を指導、皇居前広場の「楠木正成」や上野公園の「西郷隆盛」の木型制作主任を勤めるなど、業績は多岐に及ぶ。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかむらこううん【高村光雲】

1852‐1934(嘉永5‐昭和9)
彫刻家。江戸下谷に生まれる。幼名中島幸吉。1863年(文久3)仏師高村東雲の門にはいって木彫を学び,東雲の姉の養子となって74年高村姓をつぐ。77年内国勧業博覧会に東雲の代作をして《白衣観音》を出品,最高賞を受賞。87年から翌年にかけての皇居造営に際し装飾の一部を担当した。明治時代に入り仏像の需要が激減し,象牙彫が隆盛するなど木彫衰退の時期に,鳥や獣を題材に写生をとり入れた新しい作風をひらき,明治の木彫の蘇生に大きな業績をのこした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たかむらこううん【高村光雲】

1852~1934) 彫刻家。江戸生まれ。幼名中島光蔵。仏師高村東雲の養子となり、伝統的な木彫の復興と近代化に努力。代表作「老猿」「西郷隆盛像」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高村光雲
たかむらこううん

[生]嘉永5 (1852).2.18. 江戸,下谷
[没]1934.10.10. 東京
彫刻家。初名は中島光蔵。高村光太郎,工芸家高村豊周(とよちか)の父。1863年仏師高村東雲の門弟となり,1874年師の姉の家を継ぎ高村と称した。1877年第1回内国勧業博覧会に師の代作『白衣観音』を出品して 1等竜紋賞を受賞。1887年東京彫工会に加わる。同年皇居造営の装飾彫刻を担当。その後,帝室技芸員になり,東京美術学校で教え始め,文展審査員,帝国美術院会員,古社寺保存委員を歴任。明治期木彫界の元老として伝統的な日本木彫の正統を守り,門下から米原雲海山崎朝雲平櫛田中などが輩出した。晩年は仏像を多く制作。主要作品『老猿』(1893,東京国立博物館),『楠公像』(1896,皇居外苑),『西郷隆盛像』(1898,上野恩賜公園)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高村光雲
たかむらこううん
(1852―1934)

彫刻家。江戸に生まれる。本名幸吉、旧姓中島。仏師高村東雲(とううん)(1826―1879)の門に入って木彫を学び、1874年(明治7)東雲の姉の養子となり、高村姓を継いだ。1877年内国勧業博覧会に東雲の代作として『白衣観音(びゃくえかんのん)』を出品、最高賞を受けた。明治初年の木彫衰退期に、写生を取り入れた新しい作風を開き、近代木彫の展開に大きな業績を残した。1889年東京美術学校(現東京芸術大学)の開設とともに彫刻科の指導者となり、翌年帝室技芸員、東京美術学校教授に任命され、1891年光雲と号した。東京美術学校に依頼された『楠公像(なんこうぞう)』『西郷隆盛像(たかもりぞう)』の銅像を木彫の原型から完成させ、1893年のシカゴ万国博覧会では『老猿(ろうえん)』が妙技二等賞を受賞した。1907年(明治40)の文展開設後は審査員を歴任し、1919年(大正8)には帝国美術院会員となり、文字どおり官展系木彫の重鎮であった。1926年東京美術学校教授を退いて名誉教授となった。長男の光太郎(こうたろう)は彫刻家・詩人、三男の豊周(とよちか)は工芸家として名高い。著書に『光雲懐古談』がある。[三木多聞]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高村光雲の関連キーワード鹿児島市の西郷隆盛銅像高村 光太郎後藤 清一関野 聖雲丸山 不忘川上 邦世高村 光雲山本 瑞雲似鳥美術館北野美術館中島 ます三木多聞関野聖雲岡崎雪声前田照雲竹内久一山田真山丸山不忘本山白雲後藤清一

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高村光雲の関連情報