コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸山茂助 まるやま もすけ

1件 の用語解説(丸山茂助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山茂助 まるやま-もすけ

1853-1917 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)6年2月23日生まれ。丸山鶴吉の父。明治11年郷里の広島県松永村(福山市)で下駄(げた)の製造・販売をはじめる。材料を桐から安価なアブラギリ,エゾマツなどへ転換し,糸鋸(いとのこ)機の導入など機械化もすすめ,地場産業として発展させた。大正6年9月4日死去。65歳。名は重剛。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

丸山茂助の関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車徳川家慶三菱A型文学革命コック=ブロンホフ聖地管理問題専修大学福山藩北欧美術明治維新

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone