丸山茂助(読み)まるやま もすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山茂助 まるやま-もすけ

1853-1917 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)6年2月23日生まれ。丸山鶴吉の父。明治11年郷里の広島県松永村(福山市)で下駄(げた)の製造・販売をはじめる。材料を桐から安価なアブラギリ,エゾマツなどへ転換し,糸鋸(いとのこ)機の導入など機械化もすすめ,地場産業として発展させた。大正6年9月4日死去。65歳。名は重剛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android