丸葉人参(読み)まるばのにんじん

精選版 日本国語大辞典「丸葉人参」の解説

まるば‐の‐にんじん【丸葉人参】

〘名〙 キキョウ科の多年草。東アジア原産で日本では古くから栽培され、また、東北地方で野生化している。高さ約一メートル。全体に短毛があり、根生葉は長柄をもち腎臓形、茎葉卵形で縁に鋸歯(きょし)がある。八~九月、紫色の鐘形花が穂状にまばらにつき、下向きに咲く。慣用漢名、杏葉沙参。ききょうにんじん。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「丸葉人参」の解説

丸葉人参 (マルバノニンジン)

植物。キキョウ科の多年草,薬用植物。トウシャジンの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android