丹波局(読み)たんばのつぼね

朝日日本歴史人物事典の解説

丹波局

生年:生没年不詳
平安後期,後白河上皇女房。江口遊女。内膳司紀孝資の娘。仁操僧都の娘との説もある。後白河上皇の寵愛を得て,のちに天台座主となる承仁法親王を生む。六条殿とも呼ばれた。その夢想によって後鳥羽天皇の即位が決定されたことは有名。ただし,史料の丹波局の個所は宣陽門院の母,丹後局(高階栄子)の誤記だとする説も有力で,その場合,夢占いを行ったのは丹後局ということになる。また,後鳥羽の上皇時代にも丹波局(本名)という名の白拍子出身の女房がおり,煕子内親王を生んでいる。

(楢原潤子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android