コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六条殿 ろくじょうどの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六条殿
ろくじょうどの

京都の六条の北,西洞院 (にしのとういん) の西にあった後白河法皇の仙洞御所。寿永2 (1183) 年以降の御所。のちに持明院統に伝領。御所内の持仏堂を長講堂といった。 (→長講堂領 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六条殿 ろくじょうどの

?-? 平安時代後期の女官。
藤原師兼の娘。郁芳(いくほう)門院の女房。白河天皇の後宮にはいり,嘉保(かほう)元年(1094)聖恵(しょうけい)法親王を生む。のち,藤原宗通(むねみち)と結婚した。通称は別に春日殿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

六条殿の関連キーワード丹波局(1)藤原師兼藤原基実郁芳門院宣陽門院丹波局皇室領

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android