主よ、人の望みの喜びよ

デジタル大辞泉プラスの解説

主よ、人の望みの喜びよ

ドイツの作曲家J・S・バッハの教会カンタータ『心と口と行いと命』(1716, 23)中の第6曲のコラール。原題《Jesu, bleibet meine Freude》。マイラ・ヘスのピアノ編曲版も広く知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅよひとののぞみのよろこびよ【主よ、人の望みの喜びよ】

《原題、〈ドイツ〉Jesu, bleibet meine Freudeバッハの教会カンタータ「心と口と行いと命」中のコラールの通称。1723年頃の作。マリア=ヘスによるピアノ編曲版が広く知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主よ、人の望みの喜びよの関連情報