主殿造り(読み)しゅでんづくり

大辞林 第三版の解説

しゅでんづくり【主殿造り】

室町末期から桃山時代に行われた、主殿とよばれる建物を中心とする住宅の様式。寝殿造りが書院造りに変化する過程で生まれた。主殿内部は建具で南北二列に仕切られ押板や棚が造り付けられるが、寝殿造りの名残である蔀戸しとみどや中門廊を残す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

しゅでんづくり【主殿造り】

建築史の分類上、寝殿造りからの過渡期にある初期の書院造りを区別してこういう場合がある。建物の中は複数の部屋に仕切られており、角柱を使用、床の間・違い棚・付け書院などの座敷飾りを設け、畳を敷きつめるなど、書院造りの主要な特徴を備えるが、中門廊(ちゅうもんろう)を設け、外まわりの建具には蔀戸(しとみど)を用いるなど寝殿造りの要素も見られる。滋賀県大津(おおつ)市の園城寺(おんじょうじ)にある光浄院および勧学院の客殿などが典型。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android